利用者の声

トップページ > 利用者の声

【ダントツ通信】は、全国にある200以上もの税理士事務所様、会計事務所様が活用し、
新規顧問先の拡大等、数々の実績を残しています。その『利用者の声』をお聞きください。

【ダントツ通信】を活用している税理士事務所様・会計事務所様の声

[鈴木会計事務所(宮城県) ダントツ通信担当:鈴木宏子さん]

アンケート1
アンケート2
アンケート3
アンケート4

うちには専属の営業マンなんていないし、職員に対しても新規顧客の獲得なんて強制したことがなかった。 それは、なんとか所長である私自身が営業活動を積極的にやっていたから順調に顧問先は増えていました。 しかし、元々、営業活動がそれほど得意でもなかった私にとって、営業活動を続けることは1番のストレスの原因でした。
職員に新規の顧客を獲って来い!と言っても嫌な顔をされるだけだし、あまり強く言っても辞められるだけだし。。。 そんな中、「税理士事務所のダントツ通信」と出会いました。 それほど効果を期待していたわけでもないが、既存の顧問先にとっても付加価値を上げられるツールとして使えるので導入してみました。 ところが、嬉しい悲鳴が!既存顧問先の満足度は上がるのは当然として、まったく新規開拓の営業もせずに、見込み客に毎月ニュースレターを送っているだけで、3ヶ月あまりの間で8社もお客様の方から顧問契約をして欲しいと依頼がありました!

東京都 G税理士事務所 様

当事務所では、200以上の顧問先を抱えているため巡回監査は職員に任せっきりで、所長である私は、年1回、申告書に印鑑をいただきに行くときに顔を出すのが、精一杯の状況でした。
そのため、顧問先とのコミュニケーション不足による顧問解約や値下げ交渉が、ここ数年、目立つようになってきていました。
顧問解約に関しては、ここ2~3年で30以上が去っていき、事務所の将来に暗雲がたちこめてきていました。
そのような状況のときに、知人からニュースレターというものが顧問先とのコミュニケーション不足に抜群の効果を発揮することを教えてもらい、半信半疑のまま「税理士事務所のダントツ通信」を導入してみることにしました。
導入後しばらくして、今までまったくなかった顧問先からの電話による相談がポツポツと入るようになりました。と同時に顧問先の解約が激減し、ついにはピタリと止まってしまったのです。
さらに驚くことに、解約がピタリと止まると今度は、ポツポツと顧問先から紹介をいただくようになりました。
たったA4・2枚の紙を送るだけで、事務所の将来にたちこめていた暗雲が吹き飛んでしまったのです。

北海道 S税理士事務所 様

私は28歳の若さで税理士として独立開業しました。若さと体力を売りに営業活動をしていた。
営業活動中にあることに気が付いた。
それは、ほとんどの経営者は私より年上だったため、私はどうしても人生経験の少ない若造扱いをされてきた。
頭の回転や勉強量ではベテランの税理士と変わらないくらいの自信があったのに、経営者はそうは見てくれない。見ようとしない。
若いという理由だけで、経営の話やコンサルティングをしても受け流されるだけで真剣に聞いてはもらえなかった。
だが、毎月ダントツ通信を送るようになってから、次第に経営者の私を見る目が変わってきた。
ダントツ通信の「ビジネス儲けのヒント」の内容を気に入ってもらえて、私の話を真剣に聞いてくれるようになった。 社長から積極的に経営に関する質問をしてくれるようになり、今では信頼をおいてくれるようになった。 たった2枚の紙に感謝をしています。

和歌山県 W税理士事務所 様

一方的に銀行や生命保険会社宛にダントツ通信を送っていました。
すると、銀行や生命保険会社から顧問先を紹介したいという話がドンドンと舞い込んできました。

東京都 A税理士事務所 様

私は数字の相談にはのれるのに、顧問先から集客の方法を聞かれても答えられませんでした。
でも、これを活用したらメールの相談が使えるので、集客の相談はメール相談を受けて顧問先に返答できるようになりました。とっても助かりました。

京都府 K税理士事務所 様

顧問先が増えたのはいいけど顧問先とのコミュニケーションで時間がとられてしまい、税務や経営に関する勉強ができなくなってきていて危機感を感じていました。
このニュースレターを取り入れることで、顧問先とのコミュニケーションの時間を減らすことができ、その分を今まで出来なかった勉強時間にあてることができました!
するとまた顧問先が増えてきたし。月々8800円で、毎月数万円の顧問先が増えるので、笑いがノンストップです!

秋田県 N税理士事務所 様

巡回監査では、いつも沈黙でした。何か話さなくてはいけないと思いながらも話ベタの私は、つらかったです。
でも、ニュースレターを活用するようになってから、お客が勝手にニュースレターについて話し出してくれます。話題に困らないので本当に重宝してます。

愛知県 T税理士事務所 様

顧問先が増えてきて所長の私自身が顧問先に訪問できる頻度が減りました。
お客さんがいやみっぽく「所長久しぶりですね・・・」と言われました。
このひと言はききました。このままでは顧問先との関係が薄れてくると思っているところで、このニュースレターに出会いました。
このニュースレターのお陰で、久しぶりに会った社長からあのときの話を詳しく聞かせてくれ! と言われて、社長とうまくコミュニケーションがとれて、関係が親密になりました。

神奈川県 M会計事務所 様

開業間もない私は、新規開拓の方法がわからず、知人に紹介してもらった銀行に顧問先を紹介してもらうのを待つだけだった。
しかし、銀行は、そのような話を何社ももらっていて、取引のパイプの太い税理士事務所に紹介がドンドンまわって、こちらには、ほとんど回って来ない。 何とかしなくては・・・。というときに【税理士事務所ダントツ通信】に出会った。
ワラをもすがる思いで利用し始めたが、期待以上の結果が。いま、設立3年目だが、顧問先が53社もあります!

北海道 I税理士事務所 様

ニュースレターのおかげで、記帳代行業から脱却しました! 新たにコンサル契約を取って顧問料の値上げに成功しました! ありがとうございましたっ!

東京都 S税理士事務所 様

職員のほとんどは営業経験がありません。だから職員に営業をして来いといっても嫌がって顧問先の開拓ができませんでした。
しかし、「ダントツ通信」を使うようになってから職員が営業をしなくても顧問先が増えるようになりました。今では手放せません。

岐阜県 S会計事務所 様

以前から毎月の請求業務をしていて、請求書と領収書だけを送ることに違和感を感じていました。
味気ないですよね。何か顧問先が喜ぶことをしたいとずっと考えていました。
そんなとき、この「税理士事務所のダントツ通信」に出会いました。「これだ!」と思ってすぐに申し込みました。 予想以上の顧問先の反響にやって良かったと思いました。

山口県 A税理士事務所 様

3年ほど前に実は一度自分でニュースレターを書いて顧問先に出していたことがありました。
その当時はニュースレターを書く時間も体力もあったのですが、段々と重荷になってやめてしまいました。 顧問先の中には毎月楽しみにしていたのに!と言われることもあったのですが結局止めてしまいました。
職員に書けと言っても「時間がありません」とか「私は文章が苦手です」とかで書いてませんでした。 それからこの「ダントツ通信」に出会ってすぐに申し込みをしました。 顧問先からは、また始めたんですね。楽しみにしてますよ!って言われるようになりまた。

愛媛県 I税理士事務所 様

顧問先の満足度を上げることが当初の目的だったのですが、出入りする関係者の評判が思った以上に良く事務所のイメージまでもアップすることが出来て、とても満足しています。

鹿児島県 M税理士事務所 様

ニュースレターが人から人の手へとまわっていって、全然取引のなかった企業からセミナーの依頼がきて、そこから新たなビジネスを産むことができました。

千葉県 H税理士事務所 様

難しい話の内容が少なくコンテンツも沢山あるため顧問先の社長だけでなく、社長の奥様や従業員も読んでいることを知り、嬉しかったです。

神奈川県 G会計事務所 様

このページの先頭へ