第0141号 ~「何でもできる」は「何もできない」と同じこと

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0141号 ~「何でもできる」は「何もできない」と同じこと

(更新日:2018年03月03日)


知り合いのある社長は、低迷する繊維業界の将来を予測して
早くからキングサイズに「特化」したために大成功しました。

このようにどのような業界でも何かに特化さえすれば
活路や生き残るためのヒントは必ず見出せるのではないでしょうか。

どれだけ不況で多くの企業が倒産しても、その業界自体がなくなることはありません。

さらにある司法書士は、本来業務である不動産登記や商業登記は一切やらず、
相続関連のセミナーだけで年収数千万円を稼いでいるとのこと。


これは税理士稼業にもまったく同じことが言えるのではないでしょうか。

「うちは経営シミュレーションを毎月やるよ」
「うちが作る試算表は完璧だよ」

それらの業務はどこの税理士事務所でも通常業務として行っているし、
それどころか会計ソフトがあればそれで十分事足りるかもしれません。

例えば、相続専門→相続対策専門→畑の測量まで完璧となれば、そのような
長靴を車のトランクに常備している税理士など全国にそうはいないでしょう。

特化がすべてとは言いませんが、生き残るための
最良・最善・最高の策のひとつであることは言わずもがなです。

記帳代行から経営シミュレーションまですべてをこなすスタンダードな事務所では、
かえって武器を持たない丸腰の状態と同じでは。


「何もできない≦何でもできる<これしかできない」を今一度、考えてみましょう。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ