新規顧問先の獲得や拡大と既存顧問先の契約解除を防ぐために送付・配信するニュースレターが【税理士事務所のダントツ通信】です

第0157号 ~できる社長は現場に顔を出して汗を流さない

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0157号 ~できる社長は現場に顔を出して汗を流さない

(更新日:2018年09月01日)


「社長が自ら爪を真っ黒にしたり額に汗して現場で働いている会社はダメだよ。
 でもね、社長が現場に行かない会社はもっとダメだよ」とは今は亡きある社長の言葉です。

その社長はこうも言いました。

「それは税理士も同じこと。そして世の中で一番いい仕事は税理士」と。

その証拠に自分の息子には高校生の頃から「税理士はいいぞ」と上手に洗脳し続け、
今ではその息子はバッヂを付けています。


その社長曰く「現場の第一線で社長が額に汗を流せば、それを越える社員は
絶対に現れない。

だって社長はその道のプロだから。


それに現場で作業をすると点でしか見えないから線や面として全体が把握できなくなる。

だから、現場には必ず顔を出しながらも絶えず全体を俯瞰することがすごく大事なんだ。


一番ダメなのは現場に行かずに机の上で組織論を語っている社長。

それは、あくまでも会社経営ごっこに過ぎない。ビジネス版の人生ゲームである
マネジメントゲームでも好きなだけやっていればいい」と。


くれぐれも現場第一主義の本質を見誤ることのなきように。


しゃちょ~!


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ