第0132号 ~元国税職員税理士の憂鬱

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0132号 ~元国税職員税理士の憂鬱

(更新日:2018年01月25日)


私どもの【ダントツ通信】にお申し込みいただいた先生とお話しました。

その先生は元国税職員です。

ご存知のとおり、23年以上勤務した国税職員は、一定の研修を受ければ
無試験で税理士資格を取得することができます。

そこで、なぜ私どもの【ダントツ通信】を利用しようと考えたのか?
その理由をお聞きしました。


先生いわく

「正直、国税職員の多くは退職後のことばかり心配してますよ。
 胸にバッジをつけて税理士になったところで決して安泰ではありません。
 今や税理士は7万数千人。20年前と比べると2万人近く増えましたしね。
 もう少しでコンビニと肩を並べるのでは(笑)」と。


それなのに企業数はあまり増えていない。

それどころか弥生会計など自社で簡単に操作できる会計ソフトを取り入れ、
税理士と顧問契約を結ぶ企業数は年々減少しつつあるのが現状です。


私どもは「国税職員ってそんな見方をしているんだ。結構、世の中のことを
冷静に判断しているもんだな」と感心したものです。

また、その先生は「ただ、こんな時代だからこそ税理士と顧問先との関係を
密にすることが大切なんだとつくづく思いましたね」と言いました。


いつの時代もお客さまあっての商売です。
日頃から顧問先とのパイプをつないでおきましょう。

パイプを太くするには、一朝一夕というわけにはいきません。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ