第0101号 ~あえてターゲットを変える・絞る発想をしてみる

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0101号 ~あえてターゲットを変える・絞る発想をしてみる


 「子育てが終わった30代後半のゆとりある主婦」がターゲット。

 このように売り込みたいターゲットを絞り込んだほうが
 物販業界では数字がグンと伸びます。

 それどころか、このようにターゲットを絞らないとなかなか売れません。

 また、面白いものでターゲットを絞り込めば込むほど、
 そうでない階層のお客様も一緒になって集まってくるものです。


 そこで税理士業界を見てみましょう。

 税理士業のメリットといいますか、1つの特徴ともいえることですが、
 すべての業種を囲い込むことができます。

 医療、建設業、小売店、飲食店、不動産業等々。
 すべての業種を顧問先として迎えることができます。


 それゆえ、ターゲットの幅(顧問先の業種)に関して
 できる限り広く大きく風呂敷を広げようとしてしまいがちです。

 「どんな業種でもOK!」というのは、税理士事務所側からすれば
 大きな武器とは言わないまでも、きっと当然のことなのでしょう。

 しかし、顧問先(見込み客)側からすれば、自分たちの業界に特化した
 事務所のほうが俄然ありがたいと思うものです。


 美容室、エステに特化した税理士事務所です!
 動物病院を専門とした税理士事務所です!とうたうだけで、

 より濃い顧問先が増えることだと思います。

 また、そのように事務所の方針を変えて成功しつつあるところは
 実際にたくさんあります。


 そして、先にも書きましたが、ターゲットを絞り込めば込むほど
 それ以外の業種の顧問先が集まります。


 第三者から見れば、その強固な訴えかけが「自信」と映るのです。


 オール・インクルードよりも「○○業界だけ」と見せるやり方も
 一度試してみてはいかがでしょうか。

 私たちもあえて税理士業界に特化し、この業界で日本一となりました。


 また、業務においても「これしかやらない」という方針転換が
 事務所にとっては利益を生み出す礎となるかも知れません。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ