第0097号 ~若い経営者は、引っ掛かるアンテナが違う

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0097号 ~若い経営者は、引っ掛かるアンテナが違う


 先日、大型家電量販店で数種類の電子書籍リーダーを手に取りました。

 そのとき「いつかは買うけど、これでは小説を読まないね」と思いました。

 ある一文を読んだときに両手にズシッと重く感じることもないだろうし、
 ページをめくる指の感触も、訴えかけてくる背表紙も匂いもないからです。

 でも、日経新聞やビジネス雑誌を「眺める」には良いツールかも知れません。


 しかしながら、これらのツールに何の違和感も抱かず、
 むしろ重宝すると感じている人たちも実際に多いです。


 例えば、起業したばかりの若い経営者は、50歳以上のベテラン経営者とは
 明らかに引っ掛かるアンテナが違います。

 先生が同じ言葉を発しても、その受け捉え方が異なることも多いでしょう。

 私は46歳ですが、20~30代の経営者との意思の疎通が難しい…と、
 最近では感じることがしばしばあります。


 時代の流れと言えばそれまでですが、
 それで済まされないことは自明の理です。


 そこで私どもも、1つの情報を異なる発信方法で
 多くの経営者に伝えられるツールを開発しました。


 それが、この【WEB通信】です。

 http://www.zeirishijimusyo.com/web-tsushin/site_sample.html


 【WEB通信】とは「紙で送るニュースレター」を「電子メールでも送れる」
 ように開発されたWEB版のニュースレターのことです。
 それぞれの管理画面から発行することができます。


 先の情報化社会を見据えた上で、ニュースレターというツールを効果的に
 ご利用いただくために「紙」と「電子メール」の2つを両立して
 ご利用されることをお勧めしております。

 できるだけ多くの顧問先様や見込み客様に愛読していただくためには、
 「アナログ」と「デジタル」のどちらも必要であると考えております。

 それぞれの年齢、年代層により、引っ掛かるアンテナが違うからです。


 3年前の携帯電話を大切に使っておりますが、次に機種変更をするときは、
 嫌でもスマートフォンしか販売していないでしょう。あと2年は使います。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ