第0085号 ~顧問先が望むものは、サービスの量より質

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0085号 ~顧問先が望むものは、サービスの量より質


 この景気です。顧問料報酬の金額が下がってきていることだと思います。

 最低でも月額3万円の報酬をもらわないと赤字になってしまう、
 そんなケースが多いのではないでしょうか。


 多くの税理士事務所では「顧問先にはできる限りのサービスを!」と
 前向きに考えています。

 しかし、当の顧問先からすれば「そこまでは要らない」という場合も
 往々してあると思います。


 そんなに決算書が分厚くなって誰が喜ぶのでしょうか?

 顧問先は、今の状況と来期に打つ手が分かればいいだけです。
 税務署からすれば、保管するのにスペースが取られて迷惑なだけです。


 サービスの量ではありません。大切なのはサービスの質です。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 例えば、月額5000円で経営計画書を作るサービスがあるとします。

 そのサービスの質に顧問先が満足すれば、絶対に先生のもとを
 離れることはありません。満足するには、たった1つで十分です。

 また、そのサービスで3000円くらいの利益は確保できるはずです。

 であれば、そのような月額5000円のサービスを10~20本ほど
 作ってみてはどうでしょうか。

 作るのは簡単ですね。巡回監査、納税シミュレーション等々・・・
 現在、行っているサービスを小分けするだけですので。


 つまり、サーティワン・アイスクリームと同じようなトッピング方式です。

 顧問先によっては「そのサービスは手間が掛かるだけで要らない」という
 場合もあるのです。

 本当に必要なサービスだけを少しずつ上乗せしていけば、
 確実に事務所の利益は確保でき、無駄な時間は省けます。


 ところが、ほとんどの事務所では「サービスの量」を売りにしています。

 だから、月額3万円の顧問先でも月額5万円の顧問先にでも、
 同じ量のサービスを提供しなければならない図式になっているのです。

 しかしそれは、自分で自分の首を絞めているのと同じことです。


 それどころか、最初にパッケージ化したサービスパックを売りにしますと、
 その中のどれか1つでも怠ると「サービスの低下」と顧問先に思われます。


 行列ができるラーメン屋で、売れるラーメンはたった1つだけです。

 「チャーハンも餃子も天津飯も美味しいですよ」とは絶対にうたいません。


 顧問先が本当に望むものをしっかり見極め、
 余分なサービスの押し売りをしないことが肝心だと思います。


 味噌ラーメンが超絶品のラーメン屋で不味い餃子を食べても、
 「それは、あの店で餃子を食べたあんたが悪い」と言われます。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ