第0047号 ~税理士が顧問先にできる社会的な使命とは

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0047号 ~税理士が顧問先にできる社会的な使命とは


 「税理士が顧問先にできる社会的な使命とは一体、何なのでしょうか?」

 そのような質問をある先生に問うたことがあります。


 間違っても、記帳代行や経営計画書を作成することではありません。

 それは、業務です。税理士業務です。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 やって当たり前どころか、やらなければいけない通常の作業です。


 先日、それを確認するために千葉県船橋市まで伺いました。

 その先生は、13年間ほど東京管内の税務署に勤めていました。
 しかし、徴収係だったため、その仕事が嫌で嫌でたまらなかった。

 そう、滞納者の自宅へ行き「赤紙を貼る」のが辛くて仕方なかったのです。

 耐えられなくなった先生は、税務署を辞めて民間企業で12年間ほど働き、
 昭和51年に独立しました。


 開業したものの顧問先は1社もありません。奥様と0からのスタートです。

 当時、何もすることがないため、税理士会から頼まれた記帳指導を
 必死にやり続けました。ただひたすらにそれをやり続けただけです。

 そうするうちに、記帳指導をした社長たちから「うちと顧問契約を
 結んで下さい」という大変ありがたい言葉をいただくようになりました。

 それが今の事務所の原点なんだと。


 そこで、最初に書いた「税理士が顧問先にできる社会的な使命とは?」を
 先生にそれとなくぶつけてみました。

 すると「いくら利益が出ても幸せだと感じるのはほんの一瞬だけだよ。
 そのような幸せは長くは続かないよ。でも、喜びは続くものだよ」と。


 税理士の使命とは、社会的な役割とは、

 顧問先に利益を生ませることではなく、喜ばせることなんだと。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 幸せは、プラスになったときにしか感じられない。
 喜びは、マイナスの状態でも感じることができる。


 もうすぐ80歳になる大久保忠男先生。バリバリの現役どころか、
 あと4~5年後には英検準1級を取得する予定と頑張っています。

 不況の今こそ、税理士に課せられた使命を果たすときではないでしょうか。
 いくら赤字でも顧問先を喜ばせることはきっとできるはずです。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ